WHY
MICRO
SCOOTERS?


The value of The Original 真似できないオリジナルキックボードの価値


ソーセージが大好きだった創業者Wim Ouboter(ヴィム・ウーボター)は30歳の時に行きつけのソーセージ屋さんに
どうすればすぐ行けるか悩みました。歩いていくには遠すぎ、かといって車で行くほど遠くもない距離
「Micro Distance(マイクロ・ディスタンス)」に適した移動手段を開発します。
それはローラースケートの車輪を使った大人用のスクーター(1997年)でした。

使い勝手やクールなデザインを求め試行錯誤を重ねて、1999年に革新的な3輪スクーターK2 Kickboardを開発し、
この商品はシュトゥットガルト・デザインセンターのデザイン賞を受賞し、2000年末までに900万台以上が販売されました。
今はこの商品から始まったキックボードという言葉が固有名詞となりました。
Personal Mobilty市場を開拓し世界80以上の国で約1,000万人以上の人に愛されてるブランドになりました。



Innovation and Developmet 革新と開発を重ね成長し続ける!


マイクロスクーター独自で開発した特許所得済みの体重移動で左右に曲がる 「リーン&ステア」技術
小さいお子様でも楽しくライディングしながら自然にバランス感覚が身につくのが特徴です。
またスムーズな走行感、カラフルな色や洗練されたデザイン、
高級素材はマイクロスクーターを代表するイメージとなりました。

また有名ブランドとのコラボレーション商品などスペシャル商品を続けて開発しています。
最近はMicro Lino「マイクロリノー」という革新的な小型電気自動車を公開し、世界から注目を浴びています。